医院ブログ|武蔵浦和・北戸田で歯科をお探しの方は【ひらの歯科クリニック】まで

武蔵浦和・北戸田・ひらの歯科クリニック
診療時間 日・祝
9:30~19:00 ※・/

土曜 9:30〜18:00
休診日:日曜・祝日
第4日曜午後13:00~18:00は矯正診療のみ

〒335-0031
埼玉県戸田市美女木1-10-2

武蔵浦和駅・北戸田駅からバス10分 美女木[信金前]バス停前

武蔵浦和・北戸田・ひらの歯科クリニックご予約はこちらから武蔵浦和・北戸田・ひらの歯科クリニック
tel.048-422-8341
  • 電話
  • 地図
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

ホワイトニングで白くできない歯もある?

2020年11月10日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

ホワイトニングというのは、基本的に「誰でも受けることができる」審美治療です。

ただ、患者さまの歯によっては、思うような効果が得られないこともあります。

今回はそんな「ホワイトニングによって白くできない歯」についてわかりやすく解説します。

 

神経が死んだ歯

ホワイトニングの対象となるのは、原則として「神経が生きている歯」です。

専門的には生活歯と呼ばれるものですね。

一方、神経が死んでしまっている失活歯は、いくらホワイトニング処置を施しても白くなることはありませんのでご注意ください。

 

人工歯

レジンやセラミックなどで修復されていたり、歯冠全体に「被せ物を装着」していたりする歯は、ホワイトニングで白くすることはできません。

そういった人工歯の黄ばみや黒ずみを改善するとなると、修復物の補修や作り直し、あるいは研磨などで対応する他ありません。

 

歯に亀裂が入っている

神経が生きていても、「歯の表面に亀裂」が入っていたり、摩耗によって「象牙質がむき出し」になっていたりする歯もホワイトニングすることができません。

こうしたケースは、ホワイトニング効果が期待できないというよりも、歯質や歯の神経に与えるダメージが大きいため、処置を控えることが多いです。

もちろん、何らかの処置を施してホワイトニング剤が悪影響を及ぼさない状態であれば、ホワイトニングすることが可能となります。

 

むし歯や歯周病にかかっている

むし歯や歯周病にかかっている場合も、歯に亀裂が入っているケース同様、すぐにはホワイトニングできません。

まずは「むし歯治療や歯周病治療を優先」することとなります。

 

まとめ

このように、ホワイトニングは誰でも受けることができる治療ではあるものの、上述したケースに当てはまる場合は、その他の方法を検討した方が良いといえます。

いずれにせよ、歯の黄ばみにお困りなら、一度当院までご相談ください。

患者さまにとって最善といえる方法をご提案します。

口腔ケアがコロナウイルス感染の予防につながる

2020年7月16日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

歯科を受診することは、「新型コロナウイルスへの感染リスクを下げる」ことにつながるのをご存知でしょうか?

現状ではもしかしたら、感染のリスクが高まると思っている方の方が多いかもしれませんね。

そこで今回は、歯科で「口腔ケア」などを受けることが、新型コロナウイルスへの感染予防につながる理由をわかりやすく解説します。

 

歯周病がウイルス感染リスクを高める?

歯周病菌は、歯ぐきに感染したあと「プロテアーゼ」と呼ばれる酵素を分泌します。

これはタンパク質を分解する酵素で、かんたんにいうと、歯ぐきや口腔粘膜を溶かす物質です。

そんな物質がお口の中にたくさん産生されたら、病原体も侵入しやすくなりますよね。

口腔粘膜における「免疫が正常に働かなくなり」、新型コロナウイルスも感染しやすくなるのです。

 

口腔ケアで衛生状態を改善

お口の中が汚れていると、「細菌やウイルスがどんどん繁殖」していってしまいます。

それはむし歯菌や歯周病菌だけでなく、新型コロナウイルスも同様です。

そこで有用なのが歯科医院で受ける口腔ケアです。

コロナ渦とはいえ、口腔ケアのために歯科医院を受診することはとても重要です。

とくに高齢の方は口腔内が不衛生になりやすく、「誤嚥性肺炎などの全身疾患を発症」してしまうこともありますので十分注意しましょう。

 

むし歯や歯周病は早期に治療を

今現在、むし歯や歯周病にかかっている方は、「治療を先延ばしせず」今すぐにでも歯科を受診してください。

歯科を受診することで新型コロナウイルスに感染するリスクは極めて低いことがわかっています。

それよりもむしろ、むし歯や歯周病を放置することの方が、お口の健康はもちろんのこと、ひいては全身の健康に及ぶ悪影響が大きくなりますので、「歯科の受診を控える必要性はない」といえます。

 

まとめ

このように、歯科で口腔ケアを受けることで、新型コロナウイルスの予防につなげることができます。

当院では、新型コロナウイルスへの感染予防を徹底しておりますので、安心して診療を受けることができますよ。

歯科受診によるコロナ感染リスクは低い?

2020年7月8日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

コロナ渦で「歯科への受診を控えていた人」も多いことかと思います。

国の方からも不要不急の受診は避けるよう、呼びかけがありましたので、緊急事態宣言中は必要な治療のみ受けるのが最善であったといえます。

ただ、宣言が解除された現在において、歯科受診を先延ばしにする必要は全くありません。

そもそも歯科医院というのは、「コロナウイルス感染のリスクが極めて低い施設」なのです。

 

コロナ以前から感染予防対策を徹底

歯科医院を受診されたことのある方ならわかるかと思いますが、歯科医師や歯科衛生士というのは、原則的に「手袋とマスクを装着」していますよね。

これは歯科診療が患者さまのお口というデリケートな部位に限定されているからです。

一方、常にマスクをしている内科のお医者さんなどはほとんどいませんでしたよね。

歯科医院というのは、それくらい「院内における感染に敏感」であり、予防策を徹底していたのです。

 

コロナ後は予防策をさらに強化

当院もそうですが、コロナ後の歯科医院は「感染予防対策をさらに徹底」するようになりました。

施設内で患者さまが手を触れる部分のアルコール消毒や室内の換気、必要に応じたフェイスシールドの使用など、院内感染のリスクは限りなくゼロに近づいています。

実際、コロナウイルスが流行し始めてから、「歯科医院でのクラスター発生は皆無に等しい」ですよね。

これは歯科医院の感染予防対策が奏功している結果なのです。

 

歯科治療を先延ばしすることのリスク

コロナウイルスへの感染が不安で、歯科治療を先延ばしにしている人は、できるだけ早期に当院までご連絡ください。

お口の病気というのは「自然に治らない」ものばかりですし、重症化すると、かえってコロナウイルスをはじめとした感染症にかかりやすくなっていきますよ。

 

まとめ

このように、歯科受診によるコロナウイルスへの感染リスクは極めて低くなっています。

当院でも、ウイルスや細菌への感染対策を徹底しておりますので、お口の中に異常が認められたら、先延ばしはせず、可能な限り早期に歯科を受診しましょう。

歯科用CTによる精密なインプラント治療

2020年1月6日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

 

安全で確実なインプラント治療を実施するとなると、歯科用CTによる精密検査は欠かせません。

 

もちろん、当院にはそんな歯科用CTが完備されておりますのでご安心ください。

 

今回は、歯科用CTがどういった点でインプラント治療の質を向上させるのかについてわかりやすく解説します。

 

歯科用CTとは?

歯科用CTとは、病院で使われているCTを歯科診療用に改良したものです。

 

そのため、いろいろな点において医科のCTとは異なりますが、歯科治療を実施していく上ではメリットの方が大きくなっています。

 

顎の骨の状態を三次元的に把握できる

歯科医院によっては、インプラント治療を口腔内診査やレントゲン撮影のみで実施しているところもありますが、それでは不十分と言わざるを得ません。

 

なぜなら、レントゲン撮影では歯や顎の骨の状態を二次元的な画像でしか把握できないからです。

 

インプラントを正確に埋入するためには、顎の骨の幅や深さ、奥行きといった三次元的な情報が不可欠ですので、レントゲン撮影のみだと歯科医師の勘や経験に頼る部分があまりにも大きくなります。

 

シミュレーションにも活用できる

歯科用CTによって得られたデータは、事前のシミュレーションに活用することができます。

 

具体的には、専用のコンピューターソフトを用いて、インプラントを埋入する手術の予行練習を行えるのです。

 

そのため、実際のインプラントオペでは、シミュレーション結果に従って人工歯根を埋入するだけなので、大きなトラブルも起こりえないのです。

 

まとめ

このように、当院ではインプラント治療の経験が豊富な院長が施術を担当するだけではなく、歯科用CTによる精密診査も実施することから、極めて制度の高いインプラント処置が可能となっております。

 

そんな安心・安全なインプラント治療がお望みであれば、是非ひらの歯科クリニックまでご相談ください。

 

まずはていねいにカウンセリングさせていただきます。

インプラント治療にかかる費用ってどのくらい?

2019年12月30日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

 

インプラント治療には興味があるけれど、費用が高額になりそうで不安、という方も少なくないかと思います。

 

実際、都内でインプラント治療を受けるとなると、1本あたり40万円はかかってしまうものです。

 

これは一般的な歯科治療と比較すると、非常に高額といえるでしょう。

 

ただ、当院のインプラント治療はかなりリーズナブルといえます。

 

埋入代金は1本あたり20万円

当院では、インプラントの埋入代金として1本あたり20万円をいただいております。

 

これは都内の相場からするとかなり低く設定されているといえます。

 

これに加えて、アバットメントと上部構造である人工歯の代金として8万円をいただいておりますので、総額としてはインプラント治療1本あたり28万円(税抜)となっております。

 

そこまで安いと、患者さまも不安に感じられることもあるかもしれませんが、その点もご安心ください。

 

最先端の設備を導入

当院では、外科処置専用の衛生的なオペ室を完備しております。

 

また、施術を担当するのは口腔外科の専門医であり、使用するインプラントも高品質のものといえます。

 

さらに、当院のインプラントには10年保証が設けられており、保証期間中の故障等にも対応いたします。

 

治療後のメンテナンスを受けていただいている方であれば、無料で修理等を実施いたしますのでご安心ください。

 

まとめ

このように、当院では都内の相場と比較するとかなり安い価格でインプラント治療を受けることができますが、その分、質も低いというわけではありません。

 

患者さまのご負担を出来るだけ抑えた上で、治療の質は最高レベルのものを提供しているという自負がございます。

 

そんな料金と質を両立したインプラント治療がお望みであれば、ぜひ当院までお越しください。

 

セカンドオピニオンをお考えの方もお気軽にご相談ください。

 

インプラント治療に関するお悩みであれば、どんなことでもお力になれるかと思います。

マイクロスコープを使った精密根管治療

2019年12月25日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

 

歯の根っこの治療である根管治療というのは、一般的に再発率の高い処置として有名です。

 

これは根管という組織自体が細く複雑な構造を呈していることに影響しています。

 

そこで当院では、根管治療の成功率を少しでも上げるために、マイクロスコープとラバーダムを活用しております。

 

マイクロスコープってなに?

マイクロスコープとは、歯科用顕微鏡と呼ばれるもので、治療中の視野を肉眼の約20倍程度まで拡大することができる装置です。

 

そもそも根管というのは、肉眼では把握することが困難なものであることから、こうした医療機器を活用することが極めて重要といえます。

 

術野を清潔に保つラバーダム

根管治療の再発率が高いのは、処置中に術野が汚染されてしまうことが主な原因といえます。

 

具体的には、患者さまご自身の唾液が根管内へと入り込むだけでも、再感染のリスクは上昇してしまうのです。

 

そこで有用なのがラバーダム防湿です。治療を行う歯の周囲にゴム製のシートをかけて、術野が汚染されるのを防ぐための処置です。

 

一般の歯科医院で行っているところは少ないのですが、ラバーダム防湿を行うだけでも、根管治療の成功率は大きく上昇します。

 

安全かつ精密な根管治療

このように、当院ではマイクロスコープとラバーダムを活用することで、安全かつ精密な根管治療を実現しております。

 

根管治療は歯を残すための最後のとりでともいえる重要な歯科処置であるため、できるだけ確実な方法を選択することが大切です。

 

まとめ

むし歯が重症化してしまい、根管治療が必要になったら、ぜひ当院までご相談ください。

 

患者さまの大切な歯を残すために、最大限の努力をさせていただきます。

 

当院の根管治療についてさらに詳しく知りたいという方も、お気軽にご連絡ください。

 

根管治療の重要性や施術の流れについて、わかりやすくご説明いたします。

 

どんな些細なことでも構いませんので、気になることがあればお問い合わせください。

初期のむし歯なら歯を削る必要がない?

2019年12月18日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

 

むし歯は、削る量や回数が多くなるほど弱くなり、その寿命も縮まっていきます。

 

それだけに、むし歯治療はできるだけ繰り返さない方がベストであるといえます。

 

ただ、発生して間もない初期のむし歯であれば、歯科用のドリルで歯を削らずとも治すことが可能といえます。

 

今回はそんな初期のむし歯の治療について詳しく解説します。

 

初期のむし歯は穴があいていない

初期のむし歯を専門的には「初期うしょく」と呼んでいます。

 

歯の表面に穴が生じておらず、白く濁ったような症状が特徴です。

 

実はこの白く濁った部分は、歯の内部で「脱灰(だっかい)」が進んでいるため、そのまま放置するとやがては普通のむし歯のように穴があいてしまいます。

 

そこで必要となるのが歯の再石灰化を促す処置です。

 

フッ素を塗布して歯の再石灰化を促す

当院では、初期のむし歯に対して歯を削るという処置は施しません。

 

歯質は一度削ってしまうと、もう二度と元には戻らない組織ですので、できる限り保存することが重要だからです。

 

そこで有用となるのがフッ化物の歯面塗布です。

 

フッ素は脱灰した歯の再石灰化を促す作用が期待できることから、初期のむし歯の治療としては最適といえます。

 

歯をきれいに保つ

初期のむし歯は、フッ素を塗布しただけでは、その進行を止めることは難しいです。

 

虫歯を発症したということは、そもそもその歯が不潔になりやすい傾向にあるからです。

 

そのため、初期のむし歯を削らずにしっかり治すためには、患者さまご自身のお力も必要となります。

 

具合的には、正しいブラッシングを毎日実践することが不可欠となります。

 

ブラッシング法については、当院で最適な方法をご提案いたしますのでご安心ください。

 

まとめ

このように、初期のむし歯は正しい歯磨きの実施とフッ化物の歯面塗布を受けることで削らずに治すことも可能ですので、歯の表面に「白濁」した部分が認められたら、すぐに当院までお越しください。

 

可能な限り保存に努めたむし歯治療を実施いたします。

重症化したむし歯で必要となる「根管治療」とは

2019年12月11日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

 

比較的軽度から中等度のむし歯であれば、むし歯菌に侵された歯質を削り、コンポジットレジンを詰めるだけで治療が完了します。

 

その範囲がエナメル質にとどまっていれば、処置の際の麻酔さえ不要なことも珍しくありません。

 

一方、むし歯が重症化してしまうと、いろいろな処置が必要となり、患者さまへの負担も極めて大きくなってしまうのです。

 

歯の神経を抜く

歯の神経にまで到達したむし歯では、「歯髄(しずい)」と呼ばれる大切な組織を抜かなければなりません。

 

歯髄は歯の神経や血管から構成されており、それを抜くということは、歯の寿命を大幅に縮めることにもつながるのです。

 

さらには、むし歯菌で汚染された根管内をきれいにお掃除する処置が必要となります。

 

専門的には「根管治療(こんかんちりょう)」と呼ばれるものですね。

 

歯を残すための大切な処置

根管治療は、単なるむし歯治療とは異なり、比較的長い時間がかかる歯科処置です。

 

そのため、途中で投げ出してしまう人もいるのですが、それはとても危険なことだといえます。

 

なぜなら、根管治療が必要な状態にまで進んだむし歯は、その治療を完結させなければ歯そのものを残せなくなることが多いからです。

 

重症化させないことが一番重要

一度始めた根管治療は、きちんと完結させることが大切ですが、最も重要なのはむし歯を重症化させないことです。

 

むし歯というのは、進行すればするほど、歯を残せる可能性が低くなるため、可能な限り軽度の段階で発見、治療するのが最善といえるからです。

 

そのためには、定期的に検診を受けることが望ましいといえます。

 

まとめ

このように、むし歯を重症化させてしまうと根管治療という大変な処置が必要となりますので注意が必要です。

 

ただ、当院であれば精度の高い根管治療を実施することが可能となっておりますので、お困りの際はお気軽にご連絡ください。

 

まずは病状をしっかり診査させていただきます。

治療中の痛みやトラブルが少ないマウスピース矯正

2019年12月4日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

 

矯正治療には、痛みやお口の中のデキモノ、装置の故障や破損など、さまざまなトラブルがつきものです。

 

それが心配で矯正治療を受けようか迷っている方には、マウスピース矯正がおすすめですよ。

 

マウスピース矯正であれば、そうしたトラブルが起こるリスクが極めて小さいからです。

 

マウスピース矯正は痛みが少ない?

一般的なワイヤー矯正では、マルチブラケットと金属製のワイヤーを用いて歯を動かしていきます。

 

その際、かなりの力が歯や歯周組織にかかることから、治療中の痛みに悩まされる方も少なくありません。

 

一方、インビザラインに代表されるマウスピース矯正では、適切な力を加えながら少しずつ歯を移動していくため、治療に伴う痛みが比較的少ないといえるのです。

 

具体的には、1個のマウスピースで0.25mmずつ歯を移動していきます。

 

それを1週間や10日、2週間といった頻度で交換しますので、矯正治療を快適に進めていくことが可能なのです。

 

マウスピースはデザインがシンプル

インビザラインで使用するマウスピースは、デザインが非常にシンプルです。

 

そのため、装置が破損したり、故障したりすることはまずありません。

 

また、矯正装置を装着中に粘膜を強く刺激して、口内炎などを発症させるリスクも少ないです。

 

さらに、マウスピースは患者さまご自身で取り外し可能となっておりますので、装置のお手入れも簡単に行えます。

 

歯磨きも治療前と同じように行うことができますよ。

 

まとめ

このように、マウスピース矯正であれば治療中の痛みが少ないですし、装置が破損するようなこともほとんどありません。

 

毎日決められた時間、お口の中に装着するだけで、理想の歯並びへと近づけることができるのです。

 

そういったことから、できるだけ快適に歯並びを改善したい方には、ワイヤー矯正ではなく、マウスピース矯正が最適といえるのです。

 

そんなマウスピース矯正について疑問や不安があれば、いつでも当院までお問合せください。矯正医がわかりやすくご説明いたします。

マウスピース矯正の注意点について

2019年11月27日

皆さんこんにちは。

ひらの歯科クリニックです。

 

マウスピース矯正は、目立ちにくく、取り外しも患者さまご自身で行える素晴らしい治療法ですが、いくつか守らなければならない点があります。

 

今回はそんなマウスピース矯正の注意点について詳しく解説します。

 

1日の装着時間を守る

当院で取り扱っている「インビザライン」は1日の装着時間が決められています。

 

少なくとも1日20時間、一般的に22時間程度装着することで、正しい矯正力が働くようになっているのです。

 

この装着時間を守らないと、歯を適切に動かすことができず、治療期間の延長や治療そのものの失敗へとつながることがあるため注意しましょう。

 

インビザラインは着脱式の矯正装置であり、それがひとつの大きな利点でもあるのですが、同時に欠点にもなり得るということを知っておいてください。

 

マウスピースのケアが必要

インビザラインで用いるマウスピースは、定期的に新しいものへと交換します。

 

また、透明な樹脂で作られていることから、汚れが目立ちにくいという性質も持っています。

 

そうしたことから、マウスピースはとくべつケアをする必要がないと考えてしまう方もいらっしゃるのですが、それは間違いです。

 

マウスピースのケアを怠ると、装置の中で細菌が繁殖し、虫歯や歯周病のリスクを上昇させてしまいますので、1日1回はきちんとケアしましょう。

 

適用できないケースもある

マウスピース矯正は、ほとんどのケースに適用できる素晴らしい矯正法です。

 

ただ、重度の顎関節症や歯周病を患っている方には、マウスピース矯正を行えないことがあります。

 

そういったケースでは、その他の矯正法をご提案させていただいております。

 

いずれにせよ、歯並びを改善したいという方は、お気軽に当院までご相談ください。

 

まとめ

このように、マウスピース矯正にはいくつか注意点がありますが、ほとんどの患者さまは問題なく治療を完了させておりますのでご安心ください。

 

マウスピース矯正が適用できないケースにおいても、最良といえる矯正法をご提案させていただきますので、まずはお気軽にご連絡ください。

1 2 3