顎関節症や親知らずに対応します【口腔外科】

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

Hirana Dental Clinic
専門医が治療する口腔外科

武蔵浦和の歯科医院「ひらの歯科クリニック」には、口腔外科処置の専門医が在籍しています。痛む親知らずや口腔周辺の骨折・外傷、口腔粘膜疾患の診断、顎関節症の治療は当院にお任せください。炎症・出血など緊急を要する治療にも対応しますので、まずはご相談ください。

口腔外科の専門医が診療します

口腔外科の専門医が診療します

当院には、社団法人日本口腔外科学会の厳正な審査、専門医試験に合格した口腔外科の専門医が在籍しています。周辺地域で、学識・技術力ともに認められた口腔外科の専門医が在籍しているのは当院のみ。親知らずや顎関節症でお悩みの地域のみなさまはぜひ当院へご相談ください。

顎関節症とは

顎関節症とは

「口を開くと顎が鳴る」「顎関節が痛い」などが顎関節症の主な症状です。はっきりとした原因は分かりませんが、精神的なストレスや顎へ大きな負荷、咬み合わせの悪さなどが原因として考えられています。当院では、マウスピース療法や運動療法によって症状が改善するように働きかけていきます。

顎関節症の治療方法
運動療法 運動関節円板の前方整位運動療法によって関節の音を消します。
薬物療法 消炎鎮痛剤などを使い、痛みを和らげます。
スプリント療法 スプリントとは顎関節症治療で使われるマウスピースのことです。咬み合わせを安定させたり、筋肉の負担を和らげたりすることで、顎関節症の痛みを軽減させます。

生え方によっては悪影響もある親知らず

生え方によっては悪影響もある親知らず

親知らずとは歯列の一番奥に生えてくる歯です。まっすぐ生えてくれば問題ありませんが、斜めに生えてきたり、横向きに生えてきたり、正しく生えてこない場合は対策を考えなくてはいけません。正しく生えてこない親知らずは、他の歯に負担をかける、歯みがきがしにくいなど様々な弊害をもたらします。親知らずが原因で隅々まで歯みがきができず、虫歯や歯周病を引き起こすこともあるのです。親知らずがまっすぐ生えてこない場合は、まずは当院へご相談ください。抜歯が必要か否かも含めお話ししたいと思います。

※必ず抜歯するとは限りませんので安心してご相談ください

その他の口腔外科治療

顎変形症 顎変形症とは顎の骨が大きく変形した状態のことを指します。顎の骨を移動させる外科処置が必要です。
顎の骨折 事故などによって顎の骨が折れた場合、咬み合わせなどを考慮しながら治療します。
歯の破損・脱臼 強い衝撃によって破損・脱臼してしまった歯を治療します。
のう胞 のう胞とは袋状のできものです。顎の骨の中にできるものと下唇や舌などの軟組織にできるもの、どちらの治療にも対応しています。
舌痛症・口腔乾燥症 舌が痛い、口腔内が乾燥する、味覚が分からないなどの症状の診断を行っています。
良性腫瘍 腫瘍を摘出します。
悪性腫瘍(舌癌・口腔癌) 診断を行い必要があれば大学病院を紹介します。

その他当歯科医院に患者さんをご紹介くださる先生方へお願い

難症例の抜歯など、患者様を当院にご紹介していただける歯科医院様が増えて参りました。
初診日では患者様の状態を把握できておりませんので、危険回避のためにも初診日での難抜歯や手術をすることは行っておりません。
初診日はまず十分なインフォームドコンセントを得られるように努めております。

口腔外科のご相談は当院まで! 予約ページはこちら

求人情報