歯が痛い、グラグラする【虫歯・歯周病治療】

  • 文字サイズ
  • 大
  • 小

Hirana Dental Clinic
虫歯・歯周病になったら早めの治療を

武蔵浦和の歯科医院「ひらの歯科クリニック」が虫歯・歯周病の症状や治療法をご紹介します。虫歯、歯周病ともに重症化すると歯を失う恐れのある怖い病気。大切な歯の健康を守るために、「虫歯かも?」「歯周病かも?」と思ったら早めにご相談ください。

歯の表面が溶かされる「虫歯」

歯の表面が溶かされる「虫歯」

虫歯の原因はミュータンス菌と言われる細菌です。ミュータンス菌は食べ物に含まれる糖分を栄養にして、酸をつくりだします。その酸が歯の表面のエナメル質を溶かすことによって虫歯が起こるのです。そのため、食事で糖分をとった後、歯みがきなどのケアをしないでいると、歯が溶かされて虫歯になってしまいます。

虫歯の症状と治療法
段階 状態 症状 治療
C0 C0 黒くなったり穴があいたりする以前の状態で、痛みなどの自覚症状はありません。 この段階であれば歯科医院でのフッ素塗布やブラッシング指導によって歯を元に戻せる可能性があります。
C1 C1 歯の表面が溶かされてつやがなくなったり、薄い茶褐色になったりします。エナメル質には神経がないので、痛みはありません。発見が難しいですが、定期検診で見つけることが可能です。 患部を削り、レジン(歯科用プラスチック)をつめます。
C2 C2 穴があいたり黒ずんだりして、自分でも虫歯だとわかります。甘いものや冷たいもの、熱いものがしみます。 患部を削り、詰め物または被せ物を使用します。または歯科用プラスチックをつめます。
C3 C3 歯に大きな穴や割れができる、激しい痛みを感じる、膿が出る、などの症状が現れます。何もしなくても耐え難い痛みを伴い、「急性歯髄炎」という症状にまでなると麻酔さえなかなか効きません。 神経を取り、残った歯の根に芯を立てて被せ物を使用します。
C4 C4 穴が広がりすぎて歯の大部分が失われ、根っこだけが残っている状態です。歯ぐきや頬が腫れる、痛くてモノが咬めない、膿が出て悪臭がする、など強い症状が現れます。歯の根の先などに炎症が起きると、歯ぐきの中の骨(歯槽骨)が溶けてさらに痛み、発熱することもあります。 抜歯をするほかなく、その後はインプラント、ブリッジ、入れ歯を入れます。

「重度の虫歯」から歯を守る根管治療

虫歯が神経まで進行してC3(上記の表の該当箇所にジャンプリンク)と診断される状態になると、歯質を削るだけの治療では回復を見込むことができません。ここまで悪化した虫歯に有効なのが、根管治療です。根管治療は、虫歯に汚染された神経・血管や歯質をきれいに取り除き、根管内を清掃・消毒することで歯の残せる可能性を高める治療です。

歯を失ってしまうことは、顎の骨が痩せたり、咬み合わせが悪くなったり、別の歯を失ったりするなどのさまざまなリスクを招いてしまいます。根管治療で自分の歯を残すことには、大きなメリットがあるのです。

根管治療が必要なケース

「何もしなくても耐え難い痛みがある」「歯ぐきを押すと痛む」「歯を咬みしめると痛む」という方は、ほとんどのケースで根管治療が必要になります。しかし、中には「痛みがないのに根管治療が必要になる」という場合もあります。その一つが「根尖病巣(こんせんびょうそう)」です。

根尖病巣は、過去に行った根管治療が不完全だったために内部で細菌が繁殖してしまい、歯根の先に膿の袋ができる病気です。この状態を放置すると、炎症が悪化して抜歯が避けられなくなります。痛みがないからといって自己判断せず、歯科医師の診断を仰ぎましょう。

当院の根管治療の特徴

武蔵浦和の歯科医院「ひらの歯科クリニック」では、ルーペ(拡大鏡)やラバーダムなどを使用した正確・精密・安全な根管治療をご提供しています。

ルーペ(拡大鏡) ラバーダム
根管は細く複雑な形状をしているため、患部を拡大視野で見なければ正確な処置ができません。当院ではルーペ(拡大鏡)を使用し、歯科医師の経験や勘に頼らない正確な治療を行います。 薄いゴム素材の膜(ラバーダム)を歯に装着しながら治療することで、細菌の侵入を防止できます。ラバーダムには、唾液や血液の飛散を抑えて院内感染を防ぐ目的もあるため、安全な処置につながります。

また当院では「できるだけ削らない」ことがお口の健康維持につながると考え、虫歯の充填処置ではできるだけコンポジットレジンを用いた欠損の回復を行っています。歯を大きく削ってしまうのではなく、コンポジットレジンを隣接面に充填することで、最小限の負担で歯を修復することが可能です。

根管治療の流れ

Step 1神経・血管を除去し、根管の長さを測定します。

Step 2根管内に細菌が残らないよう、しっかりと消毒します。

Step 3虫歯菌が再び根管内に入らないよう、薬剤を隙間なく充填して密閉します。

Step 4蓋をした上に土台(コア)を装着し、被せ物を装着して完了です。

歯が抜け落ちることもある「歯周病」

全身へ悪影響を及ぼすことも

歯周病は歯と歯茎の間にある歯周ポケットに細菌がたまることによって発症します。ほとんど自覚症状がないまま進行し、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。「歯周病は怖い病気」という認識は徐々に浸透してきてはいるものの、まだまだそこまで深刻な病気ではないと捉えられているようです。そのため、現在でも日本の成人の約8割が歯周病・もしくは歯周病予備軍と言われています。

全身へ悪影響を及ぼすことも

歯周病は全身疾患と密接な関係にあることが明らかになっています。例えば糖尿病や心臓血管病など、命にかかわるような深刻な病気に関係すると言われています。大きな病気に発展する前に歯科医院に通いましょう。

症状と治療方法
段階 状態 症状 治療法
軽度歯周病 軽度歯周病 歯みがき時の出血や軽い炎症が起こります。
  • 歯みがき指導(食べカスが溜まらない歯の磨き方を指導します)
  • スケーリング(スケーラーという専用器具で歯石を落とします)
中等度歯周病 中等度歯周病 顎の骨が溶かされている状態。歯がグラグラしてきます。炎症も悪化し歯茎が変色することもあります。
  • ルートプレーニング(歯周ポケット内の歯石を除去します)
  • フラップ手術(歯茎を切開し、歯周ポケット内部や歯根についた歯石を取り除きます)
重度歯周病 重度歯周病 顎の骨がほとんど溶かされている状態。口臭や膿なども発生します。
  • GTR(歯石除去後、溶かされた骨の再生を促します)
  • エムドゲイン(GTR同様溶かされた顎の骨を再生させる処置です)
歯周病危険度チェック

次の項目にあてはまるものが一つでもあれば歯周病の疑いがあります。できるだけ早くご相談ください。

□歯磨きをしていると歯ぐきから血が出る / □朝起きると口の中がネバネバする / □硬いものを咬むと、歯茎から血が出る / □硬いものを食べると歯茎が痛い / □歯茎が赤、または紫色に腫れている / □歯が長くなったように感じる / □歯が浮いている感じがする / □口臭がひどくなった / □歯茎から膿が出る / □歯がグラグラする

虫歯・歯周病かも?と思ったら当院にご相談ください! 予約ページはこちら

求人情報